評価方法

Modified Ashworth scale(MAS)とは

投稿日:

<はじめに>

Ashworthは、痙性麻痺を示す多発性硬化症に対する抗痙縮薬の効果を評価するために簡便な臨床的評価方法を開発しました。そのスケールは以降 Ashworth scaleといわれるようになっていました。

 

欧米の痙縮に対する評価や治療に関する教科書では、Ashworth scale の修正版であるmodified Ashworth scale(MAS)が必ず取り上げられており、痙縮に対する最も日常的な評価方法として広く普及しています。

 

このページでは、MASの評価項目や特徴を解説します。

 

Modified Ashworth scale(MAS)の評価項目と注意点

modified Ashworth scaleは、Ashworth scaleと同様に、痙縮を示す四肢を検者が他動的に動かした際の抵抗量(感)を0(筋緊張の増加なし)から4(四肢は屈曲または伸展位で動かない)の6段階で評価する方法です。

 

0:筋緊張に増加なし。

1:軽度の筋緊張の増加あり。屈伸にて、引っかかりと消失、あるいは可動域終わりに若干の抵抗あり。

1+:軽度の筋緊張あり。引っかかりが明らかで可動域の1/2以下の範囲で若干の抵抗がある。

2:筋緊張の増加がほぼ全可動域を通して認められるが、容易に動かすことができる。

3:かなりの筋緊張の増加があり、他動運動は困難である。

4:固まっていて、屈曲あるいは伸展ができない。

 

測定時の注意点としては

1、評価部位・運動方向と肢位の説明(被検者の麻痺側が右で、検者が右利きと想定した場合)

1)被検者肢位は、原則として腰掛け座位で行い、下肢では背臥位で行うも可とする

2)検者の動作手(上肢)は右手とし、支持・固定するのは左手とする

3)痛みや拘縮などのある場合は、検査肢位に近い安楽な肢位で行うことができる

4)多関節筋の作用は、できるだけ除く肢位で行う

2.測定回数・測定スピード

1)いずれの部位も3回の測定を行い、最も低い値を採用する

2)他動運動による筋抵抗の測定のため、他動運動の速度がキーとなるおよそ80./secといわれるが、客観的な方法はないため、slow speedが望ましい (目安は1秒で完了する)

 

その他の注意点としては、患者に様々な姿勢をとってもらうためにベッド(プラットフォーム)が必要です。筋緊張は時間や場所などの環境に依存しやすいため、常に同一環境で評価することを心掛ける必要があります。

 

日本でのModified Ashworth scale(MAS)の現状と適応

欧米に比べわが国でMASは幅広く普及しているわけではなく、医師を含めて理学療法士や作業療法士には、痙縮に対する評価方法として臨床場面であまり使われていない状況です。

 

MASの適応疾患は、脳卒中、多発性硬化症、 外傷性脳損傷、脊髄損傷、脳性麻痺等の中枢神経疾患です。再現性、信頼性、妥当性に関して多くの報告があることと、わずかな変化は検出しづらく定量的判定は困難であるものの、説明に従い適切に用いれば臨床的には有用な評価法とされています。

 

<おわりに>

痙縮の程度を把握するうえで使用される本評価について知っておくと、その対応に役立てることができるでしょう。そのほかにも筋弛緩薬などの薬物療法、神経ブロックなどの治療の効果判定に本評価が使用されることが多いため、治療効果の理解を深めることもできるようになると考えます。

 

痙縮はADL や歩行能力など、リハビリテーションを行っていくうえで阻害要因となることが多いです。上肢の痙縮が強い場合、肘は伸展が困難となり肩も屈曲や外転させることが難しくなることは想像できます。その状態では、清拭や更衣動作の際に問題となるでしょうし、下肢の痙縮が強い場合であれば、膝を自由に動かせない、足関節が尖足となり足底を十分接地することができないなど、トランスファーが不安定になりやすいことも容易に考えられます。

 

そのなかで共通言語としてMASを用いることで、情報共有しやすくなることや目標設定につなげることも可能になると思われます。今後の痙縮評価にぜひお役立てください。

 

-評価方法

Copyright© リハ学 リハビリテーションの知識確認、勉強に , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.