評価方法

10m歩行テスト(10meter walk test,10MWT)

投稿日:

10歩行テスト(10MWT)とは

10m歩行は歩行能力を評価です。屋内屋外歩行の自立度、歩行能力がどれくらい改善したか、などの指標に使用されることが多く、数あるテストの中でも簡単で再現度が高い為、過去との比較には信頼性の高いテストとなっています。

 

10m歩行テストの実施方法

必要な物品:ストップウォッチ、テープ(目印になるような物であれば可)、巻尺

環境設定:水平な床面にテープで目印を付け、そこから10m先にテープを貼ります。そのテープをスタートライン及びゴールラインとします。速度を定常に保つ為にテープより前に3mずつ余裕を持たせ。合計16mの歩行路とします。

方法:被検者は16mを歩行するのみ。検者はあらかじめ被検者に「一定の速度で歩いてください。」と言った指示をしておきます。検者は被検者の歩数を数えながら共に歩き、スタートラインからゴールラインまでの時間を測定します。スタートラインを超えてからの最初の踵接地の位置とゴールラインを超えてからの最初の踵接地の位置を記憶しておき、歩行後にその位置にテープをつけその距離を巻尺で測定。この距離と歩数を用いて平均の歩幅が測定できます。スタートライン・ゴールラインでの踵接地場所は他者に協力して貰い、被検者が踵接地した直後にテープを付けてもらう方が信頼性は高くなります。

検査は3回行い、平均を使用します。

 

10m歩行テストはどのような際に使用されるか

屋内・屋外歩行自立での判断基準などに使用されたりすることがあります。屋内歩行でのカットオフ値は24.6秒以下、屋外歩行でのカットオフ値は11.6秒以下となります。

治療効果の判定にも使用することができます。先ほど述べたように簡単で再現性が高い為、治療効果に判定はすぐにできます。治療効果の判定に使用する場合は何を治療して何の効果を見たいのかを明確にしておく必要性があります。

 

10m歩行テストを評価するうえでの実際の臨床の注意点

  • 左右非対称な歩行(左右の歩幅が違う)では、歩数ではなく重複歩数を用いて重複歩長を求める。
  • 検者は被検者と共に16m歩行するが、被検者に影響しないようにする。声をかけたり、早く歩くように急かしたり、などと歩容に影響が出て、正確な検査値が出ないような行為は控えること。
  • 外部からの影響が少ない場所を選択し、再度測定する際も同じ場所で測定することが望ましい。
  • 普段と比較し、体調に変化が無いことを確認しておく。
  • 介助者が必要な被検者の場合は、10m歩行の信頼性が低い。介助者の介助法によって歩容は変化し、また、介助者が前回の測定と同様の介助ができているのかが分からないからです。

 

 10m歩行を評価するうえで、わかりやすい書籍

臨床運動学 第3版 / 中村隆一編著 斎藤宏、長崎浩著

:まとまっていて、他の内容についても詳しく載っています。

-評価方法

Copyright© リハ学 リハビリテーションの知識確認、勉強に , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.