評価方法

上腕二頭筋腱炎のテスト(評価方法)|Speed’s testとYargason’s test

投稿日:

上腕二頭筋腱炎のテストのSpeed’s testとYargason’s testの2種類を解説します。

 

上腕二頭筋腱は上腕骨の結節間溝の中を通ります。上肢の過度な使用により上腕二頭筋腱への過剰なストレスが生じ炎症を起こすことで肩の痛みが生じます。上腕二頭筋長頭は肩関節周囲炎や関節唇損傷など様々な肩の障害に影響しているため、他のテストと併用しながら鑑別していくことが重要になります。

 

Speed’s testの方法

患者の姿勢は座位で、肩関節90°屈曲、肘関節伸展、前腕回外位を保ってもらいます。検者は手関節部に荷重をかけます。患者は荷重に対して抵抗するように力をいれます。検者は抵抗をかける方と反対の手で肩甲帯を固定して代償運動を抑制します。力を入れた時に疼痛が出現したら陽性になります。

Yargason’s testの方法

患者の姿勢は座位で上肢を下げた状態で肘関節を90°屈曲、前腕は回内位または中間位で保ちます。患者に前腕を回内運動するように指示をして、検者は手関節部を持って回外方向に抵抗を加えるようにします。結節間溝付近に疼痛が出現した場合陽性とします。Speed testと同様に抵抗を加える方と反対の手で肩甲帯を固定して、代償運動を抑制します。

 

 

上腕二頭筋腱炎の評価テストはどのような際に使用されるか

上腕二頭筋長頭を収縮させることで、結節間溝などを通過する長頭腱の炎症が生じていないかを判別します。肩関節周囲炎を始めとする、肩周辺の疾患は様々な要因が考えられ、判別が難しい場合があります。治療の効率や精度を上げるためにも。複数のテストを実施して障害部位の特定を行うことが重要です。

 

 

上腕二頭筋腱炎のテストをするうえでの実際の臨床の注意点

どちらのテストでも代償運動に注意する必要があります。Speed’s testの場合は肩甲帯の挙上や体幹の側屈などに注意が必要です。

 

Speed’s testでは前腕を回内した状態で抵抗をかけて、疼痛が生じる場合は関節唇損傷の疑いがあります。そのため、回外位と回内位の両方で検査することで、上腕二頭筋腱炎と関節唇損傷とを鑑別してく事も必要になります。Speed’s testの紹介動画でも前腕回内位での検査と回外位での検査が両方紹介されていますので参考にしてみてください。

 

Yergason’s testでは、紹介動画その1のように肩関節外旋を同時に行うように解説されている場合があります。しかし、肩関節の外旋などの代償動作が出やすくなってしまうため、紹介動画その2のように上肢を体側から離さないようにする方法の方が行いやすいかもしれません。Yergason’s testは肩関節外旋に抵抗をかける場合と抵抗をかけない場合の2種類がありますのでそれぞれを添付しておきます。
(→Yergason’s testその1
(→Yergason’s test その2

 

どちらのテストも代償運動さえ注意すれば方法自体は難しくありません。

-評価方法

Copyright© リハ学 リハビリテーションの知識確認、勉強に , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.